両親学級と妊婦健診36週目


にほんブログ村 その他日記ブログへ
今日は両親学級と検診でした。

両親学級は、栄養士さんが妊娠後期の食生活について話してくれたり、助産師さんが陣痛が始まる状況やどのように出産に臨むか、出産の様子や心構えなどを話してくれました。
旦那が付いてきてくれましたが、三分の一ぐらい寝ていたようです。

実際の出産風景のDVDを観ましたが、股から赤ちゃんが出てくるのが、ノンカットで写されていました。
怖かったです。

説明のあとは、病室を見て分かったり、院内の案内をしてもらいました。
私が出産する病院は母子完全別室らしく、赤ちゃんがいる部屋を見せて貰いました。
クッッッッソ可愛い!!!!!!!!!
産まれたての赤ちゃん可愛すぎ!!
他の人たちもメロメロでした。


で、そのあと検診だったんですが、今回は赤ちゃんの心音とかの検査もありました。
なんか、寝っ転がってお腹に大きい聴診器みたいなんをつけて、心拍数とかを測ります。
赤ちゃんが動いたら押すスイッチも渡されました。

私のお腹が張ったときに、それもグラフで出ていて、そんなんも分かるんや〜と軽く驚き。
また赤ちゃんが動いたら赤ちゃんの心拍数も上がるみたいで、「今動いたなぁー」と思ってスイッチを押したら赤ちゃんの心拍数が上がっていて、ひとりで「おぉー!」となりました。


その後に検診でした。
今日は両親学級があったので、検診もそのついでにと思って、いつもと曜日を変えました。
曜日ごとに先生が違っていて、いつもは(と言ってもまだ3回目だけど)女の先生ですが、今日は男の先生でした。
女の先生はシャキシャキした感じですが、今回の先生はあまり何言ってるのか分からない。
優しいんですが。
そんな先生はエコーを見てもしっくりきていないようで、私も何がなんだか。




多分逆子でも普通だったら、足はあぐらをかいていたり、体育座りみたいに折りたたまれていることが多いようです。
図でいうとこんな感じ。
289AB3EB-AF3F-412D-ADBD-54B0858D815D.jpeg
先週までは、図でこんな感じで足を伸ばした状態だったようです。
47034695-F1B9-4391-9E1A-2DCB0E494D1F.jpeg

今回エコーで見た体位(?)は、両足立ちのような格好らしいです。
図でいうとこんな感じらしい。
0BA158CB-4FB0-4A6A-BD38-A779D8A4C883.jpeg

先生も「独特な格好で…」と言っていました。
顔を映そうとしてくれていたっぽいんですが、顔が上を向いているそうで、全然映ってなかったです。


今日は旦那も診察室にいて、診察室の様子を見ていたらしいんですが、エコー写真が貼ってあり、顔がめちゃくちゃはっきり分かるらしい。
診察室のエコー写真は見てなかったので、グーグルの画像検索で見て愕然。
めちゃくちゃはっきり分かる!!!!

私が貰った今までのエコーは「嘘やろ?!」ってくらい何がなんだか分かりません。
転院前のエコーでも分からんかったし、転院後の2回は顔が写ってないからと、写真すらくれてません。

しかも今日は「影になっとるから大体で…」と先生が言っており、内診が終わってから先生から「体重が前回より少ない」との一言。
エコーで大体で体重を出したので、大体すぎたようです。
その大体のエコー写真がこちら。
これは股に突っ込んで撮るエコーです。
E27908CF-92C2-42AC-9BFE-E64E10AEB979.jpeg

何も写ってない。
見た瞬間めっちゃ笑いました。
でも、くれないよりかはくれた方が良い。
でも分からん。


で、帝王切開は濃厚なようで、来週の検診で日にちを決めるとのことでした。
多分今月末での手術になるっぽいです。


ちなみに両親学級では、帝王切開の話は全然してくれませんでした。
まぁ、破水や陣痛来る前に手術するやろうし、仕方ないっちゃ仕方ないですけど。
帝王切開怖い〜。


検診の後、手術前検査をしないといけないみたいで、採血と心電図とレントゲンを取りました。
病院についてから終わるまで4時間弱かかりました。
疲れた…。
おしまい。


この記事へのコメント