周りの人たちについて。


にほんブロあグ村 その他日記ブログへ
先日仕事中、取引先さんから電話があり、私がやった仕事について「ちょっと違う」と指摘がありました。

話を聞いていたら、身に覚えのある内容。

仕事を引き継いだときの『注意事項マニュアル』に書いてあったことでした。

やばい…やってもうた…と冷や汗ダラダラで話を聞いていました。

確認して折り返し連絡しますと言って電話を切ったんですが、胃が痛かったです。

確認したところ、まぁ指摘された通りの事実。

折り返し連絡したら『やっぱりそうですよね』的な感じで笑ってくれて、次月の対象するという結末で電話は終わりました。

最初の電話の時は、怒っているように感じたけど、そうでもなかった様子。
何とかなって良かったぁぁぁーーー!


今の会社に入社したてのとき、仕事の覚えが悪すぎて自己嫌悪になったことが多々ありました。

その時彼氏に愚痴や相談をしていたんですが、彼氏に「失敗したことはしょうがないやん。終わったことやし次気をつければええやん。(私の仕事はミスしたところで)誰かが死ぬ訳じゃないし」と言われ、心がほんの少し軽くなったことがあります。

会社の先輩にも以前に「同じことを何回も聞いてすみません」と謝ったら「何回も聞いてくれてええんやで。それで覚えてくれたらええんやし。ただ顔に出てたらごめんな」と笑いに変えて貰ったことがあります。

その他にも、分からないことがあり調べているときに無意識に「う〜〜ん…」と声に出すことが多くあるんですが、その時にも「何か困りごと?」と言って手を差し伸べてくれます。


私の周りにいる人は、本当に本当に優しい人ばかりだと日々感じています。
ありがたや。


私もそう感じてもらえるようになりたいなぁと思います。
おしまい。


この記事へのコメント