給食の思い出


神奈川の中学校で、給食が残されるというニュースを見ました。
写真を見てみると、仕出し弁当みたいな感じで、残ったことよりもこれが給食?と驚きました。

私の通っていた小学校は、校内に給食作るところがあって(中学校のころは覚えてない)、ほぼ出来立てホヤホヤを食べることが出来ました。
なおかつ美味しかったので、給食大好きでした。
なので、給食の思い出を書いてみようと思います。

基本、おかずはある程度配膳が終わった後余っていたら増やすことが出来ましたが、フルーツポンチ的な子どもに人気のデザートは、すべて食べきってからでないと増やせませんでした。
つまり早い者勝ち。

クラスで1番ぐらいの早さで食べ終え、おかわりしたフルーツポンチをゆっくり味わった記憶があります。


パンのときは特に困らなかったけど、お米のとき、おかずとお米の割合を間違えてお米が余ってしまう事態が多かったです。

小学校低学年のときの先生は、そんな子どもたちに素晴らしいアイテムを与えてくれました。

それは
塩!!!!

塩味さえあれば、お米単品でも辛くない!
お米が余ってしまったとき、手を挙げると先生がブルーのキャップのあの塩を持ってきてふりかけてくれました。
あの先生は産休の先生の臨時だったんですが、産休の先生よりも大好きでした。




なんかのニュースで、給食を食べきれない子がいて、食べ終わるまで休憩なしというのを見たことがあります。

同じ学年の子どもでも、食べれる量はそれぞれ違うので、無理やり食べさせるのは良くないなぁと思いました。

その先生は、給食を配膳し終えてから『自分には少し多いなと思ったらグー』で、『もっと食べたいならパー』をあげると先生が増やしたり減らしたりしてくれてました。
本当に、いい先生でした。


ある時、栄養士の先生が授業をしてくれる日がありました。
自分の好きな献立や食べたい献立を書いたり、栄養士の先生へのメッセージを書いたりしました。

そのメッセージに、子どもに絶大な人気を集めていた『ミルメーク』がもっと飲みたいと結構な生徒が書いたところ、『ミルメーク』の登場回数が一時的に増えたのもいい思い出です。


私は本当に給食が好きで、モリモリ食べていたので割と成長が速く、背も小学校の頃は身長順で後ろの方でした。
でも、ポテンシャルがなかったので、中学校でモリモリ食べてもいつの間にか身長順で前の方になってしまいました。
残念極まりないです。


こんな給食好きな子どもだった私にとって、給食が嫌いな人の気持ちが全然分かりませんでした。

まぁ、お米に牛乳は合わないと思ったことはありますが、それを入れても給食は美味しかったという記憶しかありません。

給食のおばちゃんと栄養士の先生のセンスが良かったおかげです。
本当にありがたいです。


ただ今は栄養偏りまくりの生活です。
社会人にも給食を食べさせて欲しいと切に思いました。
おしまい。



にほんブログ村 その他日記ブログへ

この記事へのコメント