高台家の人々を読んで。


久しぶりの投稿です。

お盆休みも特にすることもなく、ひたすら高校野球と漫画を見ていました。

お盆にいくつか読んだ漫画で、オススメしたい漫画について書いてみます。


高台家の人々です。


映画化されていて、うっす〜らと内容は知っていたけど、読む気にまではなっていませんでした。

が、『アラサー 漫画』と検索したところ、この漫画が紹介されており、巻数も多くないし、読んでみることに。

全く期待してなかったけど、めっちゃくちゃ面白い!!!!!

話の内容をザックリ書くと、
主人公は木絵という地味で口下手で妄想癖のあるアラサーOL。
風邪で会社を休んでいると、ニューヨーク支店から超イケメンな高台 光正が赴任。

実はこの高台 光正は、人の考えていることを読み取れる能力の持ち主。

光正に憧れを抱く木絵とエレベーターでたまたま一緒になった際、木絵の妄想を読み取ったのがきっかけで付き合うことになったが…

みたいな内容です。




ギャグとかコメディが好きで、よく読みますが、漫画でこれほど笑ったのは今世紀初かと思えるぐらい、木絵の妄想がめちゃくちゃ面白くて、大声で笑ってしまいます。


笑えるだけでなく、木絵の性格も良くて、それを見抜いた高台家の人たちにもほんわか。

すでに読んでいる方からしたら「今更…?」と言われるかもしれませんが、書かずにいられない衝動に駆られました。
それぐらい、面白かったです。

まだ読んだことのない方は、是非読んでみてください。
おしまい。




この記事へのコメント