水曜日のダウンタウン 〜100歳の人の話、今聞かないと後悔する説〜


水曜日のダウンタウンを見ました。YouTubeで。

前から存在は知ってましたけど、毎週見るようになったのは最近です。
それまではちょこちょこしか見てなかったので、ここ最近はYouTubeでめっちゃ見てます。

その中でたまに、すごく為になる回があります。
ナイツがプレゼンした『100歳の人の話、今聞かないと後悔する説』。

100歳以上のお年寄りに、人生で1番驚いた話とかを聞いてランキングにしたものです。

芸能人で1番100歳に近い人というので、ナイツの師匠である、内海桂子師匠も登場してコメントしてました。


まずは、人生で1番驚いた発明品。

第3位は洗濯機。家族がとても多い時代で、洗濯機が出来る前は洗濯板で洗っていたから便利という意見でした。

第2位は電気。電気が通るまでは、ランプで、ランプを点けるのが家の中での仕事だったと言うおばあちゃんがいて、可愛かったです。あと、裁縫は昼にしか出来なかったけど、電気が通って夜に出来るのが嬉しかったという意見もあり、働き者のお年寄りならではだと思いました。

第1位はテレビ。これは何となく予想してましたが、やっぱりです。
公務員の給料が約5千円だった時代に、17万円もしたそうです。それが今や、安いのだったら数万円。白黒テレビですごい値段なのに、テクノロジーってやつはスゴイです。

4位は車、5位は携帯電話です。
この2つも、今の時代には無くてはならないですね。




次は、人生で1番美味しかった食べ物。

第3位はカレーライス。
当時は特定のレストランでしか食べられない、ハイカラなものだったそうです。

第2位はチョコレート。
今ではどこででも買えるチョコですが、当時は貴重で、「頭が抜けるほど美味しかった」らしいです。今と味が違うらしく、当時の味が忘れられない人が多数だとか。

第1位は白米。これはとても意外でした。
昔は、白米は高級で貴重だったので、麦やオカラを入れて食べていたそうです。
内海桂子師匠いわく、当時の芸人のギャラはお米で貰ってたそうです。
日本の主食であるお米が、そんなにも貴重だったとは思いもよりませんでした。

4位はウナギ、5位は馬肉でした。馬肉。確かに美味しい。内海桂子師匠いわく、馬肉は昔は『蹴飛ばし』と言っていたらしいです。思いもよらない豆知識。


その他、お年寄りに気になる質問をしてみた、ということで
Q.1日は長いか短いか?
ほとんどのお年寄りが短いと答え、実験で、ストップウォッチを使って10秒経ったら止める、というのをやってました。
おじいちゃんがチャレンジしたところ、23秒で止める結果に。時間の進む速さは、おじいちゃんの倍近くみたいです。

Q.今まで見た景色で1番綺麗だったのは?
富士山が大多数でした。
そして、戦後の東京では、高いビルなどがなかったので、東京からも富士山が見れたそうです。
image-4f7e2.png
めっちゃ綺麗です。

Q.死ぬのは怖いか?
怖くないという意見ばかりで、「死んだらお父さんのところへ行けると思うと、死ぬのが苦にならない」という意見、「その時を楽しく過ごしてきたので後悔はない」という意見があり、それを聞いて、心臓をガシッと掴まれた気持ちになりました。


昔は色々不便なこともあっただろうし、戦争も体験した激動の人生だったと思います。
そんな時代を生き抜いてきたお年寄りは、改めてすごいと思いました。


最後に内海桂子師匠が帰るとき「ばいばーい」って言っていたのがめっちゃ面白かったです。
おしまい。



この記事へのトラックバック